icloudキーチェーンをiphoneで承認する方法

この記事は2分で読めます

iphoneを使っていると、次の画像のような変なメッセージが、
ロック画面に出てくることがあります。

「iCloudキーチェーン?承認要求?」

となってしまうかもしれませんが、iCloudキーチェーンとは、
Safariの情報を複数端末間で同期できる機能です。

Webサイトのユーザ名、パスワードといったログイン情報や、
支払いに使用したクレジットカード情報、Wi-Fi情報などが含まれます。

使う使わないにせよ、承認を済ませるかiCloudキーチェーンをオフにしないと、
メッセージがうっとおしいので、対応しましょう。

今回はiphoneの場合の承認手順ですが、
Windowsやmacなどのパソコンについても最後に触れます。

「押してさらに表示」とあるのでタップします。

「セキュリティコードを使用」の方をタップします。

設定画面にいき、一番上のユーザー名のところをタップ。
(AppleID、iCloud~と書いてあるところ)

メニューの中からiCloudというところをタップ。

メニューの中に「キーチェーン」とありますが、保留中になっていますね。

承認できていない状況なのでタップ。

「セキュリティコードで承認」というところをタップ。

ちなみに、iCloudキーチェーンがオンかオフかわからない場合も、
ここを見ることで確認できます。

iCloudキーチェーンをオフにしたければ、
緑の部分をタップしてオフ(グレーの状態)にすればOKです。

iCloudへのサインインを促されるのでパスワードを入力。

入力しないといけないのはiphoneのパスワードでもiCloudのパスワードでもなく、
紐付いているAppleIDののパスワードなのでお間違えなく。

処理中なので入力して少し待ちます。

iCloudのセキュリティコードを入力します。

もしセキュリティコードがわからない場合は、
こちらの手順を参考にしてリセットするか、別デバイスから変更します。

→ iCloud キーチェーンの iCloud セキュリティコードを忘れた場合の対処法

セキュリティコードの承認が通れば、確認コード入力画面になります。

iphoneにメッセージが届きますので確認しましょう。

ここに書かれている数字を確認して、先程の画面で入力。

入力して進むと、iCloudキーチェーンの承認は完了です。

なお、他のデバイス(Windowsやmac、別のiphoneなど)の承認をする場合は、
すでに承認されているデバイスから承認可能ですので、同じ手順で進めます。

1つだけ違うのが、ここで「OK」を押すことです。

※iphoneの画面ですが、Windowsなどでも同様のメッセージが出ます。

OKを押した後に、すでに承認が終わっているデバイスで、
ここまで解説した流れで確認コードの入力まで済ませます。

すると、承認待ちのデバイスを承認するかどうか聞かれるので、OKを押します。

これで晴れて別デバイスでもiCloudキーチェーンを利用できるようになります。

以上です。





スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事