Bingウェブマスターツール登録方法とサイトマップ&URL送信

この記事は1分で読めます

Bingウェブマスターツールへの登録方法とサイトマップ送信手順を解説します。

検索エンジンへのインデックス促進の効果が見込めるので、
時間もかかりませんし、しっかりやっておきましょう。

Chrome等で「Bingウェブマスターツール」と検索すると、
上位に出てくるのでアクセスします。

アカウントを持っていない場合は、まずサインアップします。

サインアップをクリック。

登録画面になるので必要な情報を入力します。

登録後にメールが届くので、記載されているリンクをクリック。

Bingのページになるので、「サイトを追加」をクリック。

登録したいサイトの情報を入力します。

下部にある、アラート設定にチェックをしておくと、
エラーや問題が起きた時にメールで教えてくれます。

サイト情報を入力したら、そのサイトが自分のものか確認が必要です。

方法はいくつかありますが、オプション1か2がオススメ。
WPの場合は、「ALL IN ONE SEO PACKAGE」を使えば楽です。
(HTMLサイトの場合は手動でmetaタグを追加)

「ALL IN ONE SEO PACKAGE」の設定画面の中に↑の項目があるので、
Bingウェブマスターツールの部分に貼り付けるだけです。

※「

確認が終わると、サイト情報が追加されるので、
「サイトマップの追加」からサイトマップを送信します。

クリックすると入力画面になるので、サイトマップURLを入れて送信すれば完了です。

(サイトマップはWPプラグインなどで事前に作成しておく必要があります。)

次に、BingウェブマスターツールのメニューからURLの送信を選択。

追加したサイトのURLを「URLの送信」から送信します。
これはサイトの追加とは別です。

・先程やったサイトの追加→Bing管理画面への追加
・URLの送信→検索エンジンに向けたアピール

です。

送信が完了すると、このように送信済みのURLのが表示されます。

Bingウェブマスターツールのアカウント作成は1回でいいですが、
サイトを作成する度にサイトマップの送信とURLの送信は必要です。

以上です。





スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事