パスワードやログイン情報の保存方法として1passwordは非常に便利ですよね。
有料アプリですが私も1password使っています。

ただ、実はGoogleChromeにはパスワードの自動保存が標準機能であります。

パスワードを記憶させることができるので、クロームを同期すれば、
家のパソコンや職場のパソコンなど複数間で同期できて便利です。

設定は非常に簡単なので、もし設定していない場合はサクッとやりましょう。

Chromeの右上にある「…」のメニューから「設定」をクリック。

下の方に「詳細設定を表示」という項目があるのでクリック。

「パスワードとフォーム」という項目があるので、両方にチェックを入れます。

よくあるトラブルとして、Chromeでパスワードが自動入力されない場合は、
上のチェックが外れていることが原因です。

また、パスワードを入力してもChromeでパスワード保存を聞かれない場合は、
下のチェックが外れていることが原因です。

設定はこの2箇所にチェックを入れるだけ。

チェックを入れた後は、フォームなどに情報を入力すると、
その情報を保存するかどうか確認のポップアップが出ます。

「保存」をクリックすれば次回からページを開くだけで、
自動で保存した情報が入力されるようになりますし、
保存したくない場合は「やめる」をクリックすれば保存されません。

クレジットカードの情報など、記録するのが不安な情報などは、
保存しないなど使い分けが可能です。

間違って保存してしまった場合は削除することもできます。
パスワードの保存場所は自動保存と自動入力にチェックを入れたところです。

保存した情報を削除したい場合は、上記の自動ログインの項目から削除可能です。

保存したパスワードが増えてくると探すが大変になるので、
検索ボックスを活用するようにしましょう。

削除したいサイトのドメイン名を入力すれば出てきます。

以上です。