Airbnbの使い方や流れ

この記事は2分で読めます

最近何かと話題のAirbnbを初めて利用してみました。

 

普通にホテルに泊まるのと変わらない感じですが、料金は安くなることが多いですし、
ホテルよりオススメなので使ってみた方がいいと思います。

(ベッドメイキングとかサービス面に関して求めない場合)

 

Airbnbのアカウント登録については、難しいところはないと思うので省略。

 

 

アカウント取得から、実際に予約できるようにするまでの流れです。
(エアビーは本人確認とか電場番号登録、顔写真が必須)

 

サービスの性質上、変な人をはじくという意味では当然だと思いますが、
個人情報を登録するのが怖いという場合はホテルをオススメします。

 

 

 

アカウントを登録したら、右上の人間マークから、プロフェールを編集をクリック。

 

 

 

顔写真を撮影します。

 

免許などの顔写真との称号で、サイト上に表示されたりするわけではありません。

 

今回はMacを使っていたので内臓のウェブカメラで撮影しました。

 

 

 

Airbnbを使って予約するには身分証の提示が必要です。

 

 

 

プロフィール写真をアップロードします。

facebookのアカウントに登録してある写真を使うことも可能です。

 

 

 

写真が正常にアップされたら、「続行」をクリック。

 

 

 

「続行」をクリック。

 

 

 

身分証のアップロード方法を選択します。

今回はパソコン上にある画像をアップロードしましたが、その場で写真を撮ることもできます。

 

 

 

身分証の種類を選択して、「続行」をクリック。

 

 

 

顔写真を追加します。これはAirbnbに表示されるものです。

「続行」をクリックします。

 

 

 

これで、リスティング(ホテル)の予約ができるようになります。

 

 

 

リスティング(ホテル)を選び、日程を選択すると金額が表示されるので、
問題なければ「予約する」をクリックします。

 

 

支払い情報を入力します。

 

 

 

指示に従って、情報を入力していきます。

 

ホスト(貸主)へのメッセージの欄は簡単なメッセージで問題ないと思います。

 

 

なお、旅行の目的はプライベートでも出張でも問題ないのですが、
出張として初めて利用することで5500円分くらいのクーポンがもらえます。

会社メールアドレス登録が必要ですが、可能であればやっておくとお得です。

 

自営業や個人事業主としての出張でも問題ないと思います。

実際、私はそうでしたが普通にクーポンもらえました。

 

 

 

これで予約は確定です。Airbnbからメールが届いています。

 

 

 

メール内の全旅程表から詳細等が確認できます。

 

 

 

このように、予約の条件や建物の住所などが表示されます。

 

ポストの会場番号などもここで案内されていました。

 

あとは、メッセージでホスト(貸主)とやり取りすればOKです。

 

直接立会があるホストもあるようですが、そういった指定がなければ誰かに会うこともなく、当日ポストで鍵を受け取り泊まってチェックアウトの時に鍵をポストに戻すだけです。

 

 





スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事