Ping送信を無料でしてくれるPingooは登録した方がいい?

この記事は2分で読めます

Pingoo1

 

Ping送信はブログを運営する上でアクセスアップのためにやっておいた方がいいです。
(結局、検索エンジンにインデックスされないとアクセスは0なため)

 

最近は以前ほどの効果はなくなってきている傾向にありますが、最低限の送信先にはPing送信しておいて損はありません。

 

今日紹介するPingooも、その「送信していた方がいい」と思われるPing送信先の1つですので使い方の手順を簡単に解説していきます。

 

まずは、下記からPingooにアクセスします。

 

→ http://pingoo.jp/

 

 

Pingoo2

 

左側にある「新規アカウント作成」からアカウントを無料で作っていきます。

 

 

Pingoo3

 

アドレスとパスワードを設定します。

 

この辺は一般的なアカウント作成の流れと同じです。

 

 

Pingoo4

 

仮登録が完了すると、入力したアドレスにメールが届いているのでそこから本登録をします。

 

 

Pingoo5

 

こういった感じのメールです。

 

 

Pingoo6

 

本登録URLをクリックして、アカウント登録を完了させたらまずはプロジェクトを作成します。

 

プロジェクトとは簡単にいうとサイトの登録のようなものだと思ってください。
(無料アカウントでは1プロジェクト1サイトになるので)

 

 

Pingoo7

 

基本的な流れは↑のようになります。

 

 

Pingoo8

 

プロジェクトはフリープランを選択します。

 

それ以外のプランは有料です。

 

 

ちなみに、フリープランの場合は商用利用に「×」がついていますが、Pingooの場合は商用利用の認識が少し違うので個人で運営するアフィリエイトサイトなら登録して問題ありません。

 

↓の画像を見てください。

 

 

Pingoo10

 

一般的には、運営することで利益を見込んでいる場合は商用にあたるのですが、個人が運営しているアフィリエイトサイト等は商用に該当しないと定められていますよね。

 

 

Pingoo9

 

プロジェクトのプランを選択したら、プロジェクトの詳細や登録するサイトのURLなどの情報を入力していきます。

 

地域は住んでいる地域で問題ありません。

 

 

Pingoo11

 

これでプロジェクト登録は完了です。

 

 

Pingoo12

 

プロジェクト一覧を見てみると、上記のように作成したプロジェクトが追加されています。

 

プロジェクトの登録が完了したら、忘れてはいけないのがPingooのPing送信URLの追加です。

 

送信したいブログのPing送信欄に下記PingooのPing送信URLを追加しましょう。

 

↓↓↓

 

Ping送信を無料でしてくれるPingooは登録した方がいい?

 

Ping送信先にPingooを追加したらOKです。

 

 

Pingoo13

 

ブログを更新すると、上記のようにPing成功のメールが届きます。

 

もしメールが届かない場合は、Ping送信が正常にできていないということになるのでPing送信先にちゃんとURLを追加しているか、プロジェクトに登録したURLにミスがないかなどをチェックしてみてください。

 

(迷惑メール等に振り分けられていないかもチェックしましょう)

 

あとは、同様の手順でPing送信したいサイトごとにプロジェクトを作成して上記の作業を繰り返していくだけです。

 

1分ほどで終わる作業なので、サクッと済ませましょう。

 

 





スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事