Mac対応の無料avi変換ソフト

この記事は1分で読めます

Macに標準搭載のクイックタイムプレイヤーではファイル拡張子がaviの動画を再生できません。

aviの動画ファイルを再生するためには、

・aviの再生に対応した動画プレイヤー(再生アプリ)を使う
・aviファイルをmp4などに変換する

という2つの方法があります。

個人的には、mp4に動画変換して視聴する方法がおすすめです。

ファイルをドロップして変換ボタンを押すだけで操作も簡単ですし、
タブレットなどでも再生できるようになるため何かと都合が良いと思います。

変換ソフトにもいろいろありますが、私が使いやすかったアプリの操作手順を紹介します。

「フリー WMV AVI 変換」等で検索します。

AppStoreで無料アプリをインストールして起動します。

左上の「ファイルを追加」から変換したいファイルを選びます。

変換したい動画はまとめて選択すれば複数追加可能です。

ちなみに、下部のプロフィールの項目が変換後のファイルの拡張子です。

デフォルトではMP4になっていますが、movやm4vに変換することも可能です。

その下の保存先は変換後の動画の保存先なので、デスクトップなどを選んでおきましょう。

するとアプリの画面に変換前の情報と変換後の情報が出てきます。

設定に問題がなければ右下の「変換」をクリックします。

ちなみに余談ですが、「1つのファイルに結合」にチェックを入れれば、
変換後の動画ファイルを1つにまとめることもできます。

変換状況が表示されます。

変換完了後にmp4ファイルが保存されたフォルダを表示したい場合は、
「出力フォルダを開く」にチェックを入れましょう。

以上です。





スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事