macのプレビューはただ画像をプレビューするだけではありません。

トリミングや文字入れ、モザイク(に似た編集)など、
簡単な加工編集は基本的にmacのプレビューで行えます。

画像編集アプリにもいろいろありますが、macのプレビュー機能も
標準搭載ながら実は使い勝手がいいので簡単に紹介していきます。

まずは画像をmacのプレビューで開きます。

macのプレビューで加工した場合、編集したものが即反映されてしまいます。

後から戻すこともできるのですが、元画像を保存しておきたい場合は、
ファイルメニューから複製をして編集するようにしましょう。

複製すると、ファイル名が「名称未設定(サンプル画像のコピー)になりました。

プレビューを編集モードにするには、薬箱のようなマークをクリック。

画像の上にいろいろなアイコンが出てきました。

一番よく使うのが左側の範囲選択だと思います。トリミングもここからです。

今回は長方形でやってみますが、いくつか種類が選べます。

任意の場所を選択すると、メニューの右端に「切り取り」が出てきました。

「切り取り」を押すと、選択範囲のみになりましたね。

次に使うのが図形挿入機能だと思います。

モザイク処理とは少し違いますが、載せたくない部分を塗りつぶしたり、
モザイクに近い使い方もできるので、私はこれでいつも塗りつぶしています。

クリックすると、挿入する図形を選択できるので長方形を選択。

長方形が挿入されました。

図形の端にある青いボタンをクリックしたままマウスを動かすと、
サイズを自由に調整できます。

試しに、フィルム部分の1箇所を塗りつぶしてみました。

範囲を合わせて図形以外の場所をクリックすると場所が確定します。

場所を移動したりサイズを変えたい時は塗りつぶしの中をクリックすると選択されます。

塗りつぶしの色はメニュー右側のカラーパレットから可能です。

試しに白で塗りつぶしてみました。

同化してわかりにくいですが、外枠は黒のままです。

mac「上部の編集」メニューから取り消しもできます。

もしくは「command+z」のショートカットキーで戻ることもできます。

外枠の線はここから変更可能です。

赤を選択すると。外枠が赤になりましたね。

枠の中身を塗りつぶさずに、枠線のみにすることもできます。

一番左上の白い四角に赤い斜線は「塗りつぶしなし」なので、これを選びます。

外枠の赤線のみになりました。

画像の該当箇所を赤枠で囲んだりする時は、
塗りつぶしなしの外枠線を赤などにして使っています。

(後ほど出てきますが枠線の太さも変更可能です。)

テキストも任意の場所に挿入可能です。

図形挿入の右にある「T」をクリックするとテキストが挿入されます。

テキストのフォント、サイズや太字などの設定はここで可能です。

先程ちらっと触れましたが、枠線の太さはここで選べます。

試しに太くしてみました。

この鉛筆マークは直線を引くツールです。

鉛筆モードにして、線を引くと綺麗な線になります。

直線をフリーハンドで引かなくても自動で直線にしてくれます。

線の太さはさっきと同じようにここから変更可能です。

下の方の直線を「→」にすると矢印線にもできます。

よく画像に注意書きを入れたりしているものがありますが、
macのプレビュー機能でも可能なのです。

そっけない感じの矢印なので、きちんと加工するなら別アプリの方がきれいですが、
そんなにクオリティにこだわらなければこれでも十分ですよね。

これで、最低限の加工方法は終わりです。

なお、macのプレビューは編集するたびに上書き保存されると書きましたが、
編集前のバージョンに戻すこともできます。

「ファイル」→「バージョンを戻す」→「すべてのバージョンをブラウズ」を選びます。

すると、このように上書き保存される度にできたバージョンが一覧化されるので、
ここから戻したいバージョンに戻すことが可能です。

ただ、少し見にくいので、なるべく使わずに加工を終わらせることをオススメします。

以上です。